+50gで3シーズンシュラフの可能性を広げます。

構造、フィルパワー、パーツ、素材、加工などどれをどーすれば、「暖かさと重量のバランスが良いシュラフ」が出来るのでしょう?。

mini-RIMG1540-1
mini-RIMG1547-1

寒がりの女性の方からのオーダーで、「重からず、寒からず」を実現するためノーマルモデルを少々カスタマイズ。(写真真ん中が特注、両端は既存商品です)。

頭の中では「重からず、寒からず」な「構造・フィルパワー・パーツ・素材・加工」の組み合わせを考え抜きますが、結局、「商品が完成するまで重量や嵩などの細かい点はわからない」のが現実・・・。

しかし、仕上がりは、残雪期・初冬期の寒さ対策に対応した3シーズンシュラフになりました(笑)!!。

全体重量プラス50gだけでより快適になってきたのですが、
どこを50gカスタマイズしたのでしょう?
1.熱意
2.技術
3.体力
4.パーツ1
5.パーツ2

正解は4と5番です。
詳細は後日載せると思います。
店舗にはショートがありますので気になる方どうぞ!!

コメントは受け付けていません。