2015年9月 のアーカイブ

「余裕!」なんて言ってる場合じゃない場合・・・。(その2)

2015年9月30日 水曜日

次のお題はコレ。然程ダメージなきノミックのシェイピング。

P9253354

ただ、画像手前に比べ、後ろのピックは先端がややウイリーしている感じ。

P9253356

P9253357

悪い処理ではありませんが、こーゆー場合、もっと男らしく削っちゃえば?。

P9253360

ハイ、完成。で、出来ればうり坊みたいな線がつかないヤスリで削る方がよろしいかと。

確かに、荒目は作業効率イイですが、繊細な処理には不向きです。

「余裕!」なんて言ってる場合じゃない場合・・・。(その1)

2015年9月29日 火曜日

ここ最近、一気に武装化依頼が増えました。「余裕!」なんて言ってる場合じゃなくなってきた。

P9253342

クランポン1台、ノミック4本、ピック10枚・・・。

P9253344

先ずは、コイツをやっつけます。BDのフロントポイントは台形ですが、ココまで丸みを帯びてきたら、やっぱり基本の▲にしよーかなぁ~。

P9253346

チャチャっと削ってハイ、完成!。よし、次行ってみよう!!。

TRION FELSTURM 22L。

2015年9月28日 月曜日

おはようございます。

MAMMUT社のEIGER EXTREME(高級!?。)ラインから、新しいザックがやって参りました。
「TRION FELSTURM 22L」。

丈夫な生地、ワンタッチで脱着可能なサイドコンプレッションやロープコンプレッション、位置調整可能なピッケルバンド、収納可能なウエストベルト、背負ったときの安定感、などなど強みはたくさん!。
いいですよー。重量も750gと軽量です。価格は@20,520円(税込)。

th_IMG_0316

th_IMG_0317

th_IMG_0318

th_IMG_0321
NET SHOPでも取り扱いございます。是非どうぞ!。

何時の間にやら入荷、使いどころ論。(その2)

2015年9月26日 土曜日

こんにちは。

左はB社ユニバーサル、右は例の「SPITZE」さん。(左奥は・・・。)

最も「SPITZE」に近い「アイゼン」を持ってきてみました。

th_IMG_0336

やっぱり問題は靴にどれだけ本体を固定できるかですよね。そういう意味では、明らかに「ハーネスとひもでがっちり締め上げる」のには到底適わないゴムタイプ。蹴込んだり立ち込んだりしても、きっとすぐにズリっとなります。でも、やっぱり脱着のしやすさはゴムタイプならでは。

th_IMG_0338
以前のブログで社長も書いている通り、使うならばやはりフラットに足置きできるところ限定。しかし、それでも雪が予想以上に深かったりする場合があり、そういう環境ではチェーンスパイクなんてほとんど気休め程度なものになってしまいます。現に、既存のチェーンスパイクで低山ハイキングに行ったら意外と雪が深く、「チェーンスパイクごと持ってかれて、気がついたら片方が無くなっていました・・・。」なんて方も。そういう場合、おそらく「SPITZE」さんなら持ちこたえてくれるハズ。

ようは、「チェーンアイゼン界の王様」?。(それでも所詮はチェーンアイゼン。)
しかし、気がつけばチェーンアイゼンならではの特徴「軽い!」ってのがどこかに行ってしまっていたりもする。片足305gです。追加機能を求めたら重量は基本増します。なので多少重いのは諦めて下さい!(笑)。

チェーンアイゼンにも完璧を求める方は、是非。という感じですかね?。他にもチェーンアイゼン類はラインナップあるので、最適の一台を見つけるべし!。スタッフに聞いて下さい。

何時の間にやら入荷、使いどころ論。(その1)

2015年9月25日 金曜日

こんにちは。

以前ブログに登場した、最先端(?)チェーンアイゼン。

th_IMG_0333
こちらは、アンチスノー付きの「SPITZE(スピッツェ)」さん。

th_IMG_0335
こちらは、チョロ前爪モデルの「STEIG(スティーグ?)」さん。

th_IMG_0334
「チェーンスパイク」なるものから、やっとここまでキましたよ。嗅覚イイ人は、既にお店に電話してきてみたり・・・しています。スミマセン、やっとお店に届きました!。是非見てみて下さい。 いわゆる軽アイゼンが淘汰されるのも近いうちなのですかねぇ。

しかしやっぱり風変わりなのはアンチスノー付きの「SPITZE」さん。カタログには「※本格的登攀には使用しないでください。」とのこと。次で少し比べてみます。

ダッフルバッグ使ってみましょ。

2015年9月24日 木曜日

こんにちは!。今日からお店も再開です!!。

patagonia社の定番ギアダッフル「BLACK HOLE DUFFEL シリーズ」が、モデルチェンジして参りました。

th_FullSizeRender-2
こんな感じです。生地は1200Dから900Dと薄くなってきましたが、それでもしっかり頑丈 強度は変わりありません。
使わないときは、小さく収納も出来るようになってきました。同時に、その分だけポケットの容量が増えたので、小さいバッグくらいは容易に入ります。

th_IMG_0325
こちらは肩ベルトの付け根部分。普通のバックル形状から、このようなはめ込み式に変わってきました。ギリギリ特急に乗ろうとしてダッシュした時に限ってすっぽ抜けるというのが、個人的ブラックホールあるある。新しいモデルなら、そのような事態は防げますね。ありがたいです。

th_IMG_0326
ショルダーストラップ部分のデイジーチェーンも、マイナーチェンジ。

th_IMG_0328
そして、内側にコンプレッションベルトが2本増設されました。荷物がパンパンな時は、これで締め上げれば、追加の荷物も載せられると思います。

ダッフルバッグはあると便利ですよ。とりあえず放り投げて、車に積んでおけば忘れ物の心配もありません。

NET SHOPでもご用意ございますので、是非どうぞー!。

まだ捨てません。勿論、使います。

2015年9月19日 土曜日

FIVE TEN社でこっそり作られた名機、phenom GTX(フェノム GTX)。ノンゴア時代のGTXモデル。

P9093289

経年劣化でウレタン部分が崩れ落ちてきましたが、ソールもボディーも状態がイイので、とりあえず、樹脂系接着剤で崩壊を食い止めてみます。

P9093290

コテ盛で埋めてしまえば、通勤履きとしては暫くイケるハズです。

私の接着剤まみれのプロデジーなんて、まだ現役です(笑)。流石に山では使いませんが、ゲレンデのアプローチぐらい余裕、物持ちがよすぎて困る。

P9163303

コチラはトゥーラバーのひび割れ。全体的に拡散模様なのでLiqui Sole(リキ ソール)をガチ盛りしてみた。シリコンシーラーよりコスト高だけど、保ちはこの方がイイでしょう。

あっ、お店は明日から4連休となります。各種ご相談は休み明けでお願いします。楽しい大型連休をお過ごし下さい。

もう諦めて、冬準備 2/2。

2015年9月18日 金曜日

P9083276

この部品は、コイツに使います。名付けて、「BD ラプター用ネイルエクステ&センター増設キット for SCARPA REBEL ICE」。女子力高めなネーミングにしてみた。

P9083279

P9083278

多分、これでドライ以外でも活躍できる!。多分・・・。

シーズンインして、インプレッションをお伺いしたらまた記事化出来るかもしれない。が、ユーザー数少なすぎて響かないだろーなぁ~(笑)。

もう諦めて、冬準備 1/2。

2015年9月17日 木曜日

晴天少なき今日この頃、暇道具屋生活を満喫しております。皆さんが出かけない限り、道具屋の価値など二束三文。

しかし、工場長の研究開発な日々はこーゆー時間が必要です。で、先日依頼していたパーツが届きました。

P9083275

カスタマイズ希望のお客様に頼まれたのが、コレ。潔いマニアはもうこの天気に見切りをつけて、冬の準備なのです!。

P9083276

ロシアルートではございません。MADE IN 板橋。

ネタも少ないし、組込が意外と面倒なので、世界に先駆けたパーツ発表はまた明日。

あせんじょ、ニューカラー。

2015年9月16日 水曜日

こんにちは。

だんだん、涼しくなって参りましたね。
patagonia社「ASCENSIONIST PACK」から、新色の登場です。

th_IMG_0310
Smolder Blue。25L,35L,45Lでの展開です。デナリさんでは、35L,45Lで取り扱いアリ。

th_IMG_0311
French Red。25L,35Lでの展開です。デナリさんでは25Lのみで取り扱いアリ。

第一期で購入して、バシバシ使っている人なんかは、きっとそろそろズタボロになってきているはずです(笑)
サイズによっては、まだ前のカラーもありますから!。

NET SHOPはコチラです。
ASCENSIONIST PACK 25L
ASCENSIONIST PACK 35L
ASCENSIONIST PACK 45L