2014年7月 のアーカイブ

展示会巡礼5

2014年7月31日 木曜日

用途は限られますが、カッコイイから記念撮影。

■画像1:「大人の事情」により削除

この手の靴は、道具屋さんも足入れする機会が少ないので、しっかり体に覚え込ませるしかない(笑)。

■画像2:「大人の事情」により削除

■画像3:「大人の事情」により削除

■画像4:「大人の事情」により削除

普通に覚えていられるのは、こーゆーの迄だな。

■画像5:「大人の事情」により削除

話題の『GORE-TEX® SURROUND™ プロダクトテクノロジー』のブーツもありました。

■画像6:「大人の事情」により削除

ただ、マニアはおにーさんの爽やかな笑顔より、分解された中身の方がそそられる💛。

夏のセール、はじめました

2014年7月30日 水曜日

こんにちは!お知らせです、セール、はじめました!。

DSCN0170
いつまでやるの?と聞かれたら、「涼しくなるまで」と応えるのがDENALIの常でございます。

今回のセールも、ウエアとバッグ類が中心ですが、割引率がいつもより太っ腹設定。

しばらくやってます、よろしくお願いいたします!。

展示会巡礼4

2014年7月29日 火曜日

ドイツのショーが終わると、メーカーも比較的ピリピリしなくなる。写真載せちゃお!!。

P7244241

じゃじゃ~ん、コチラ来年リリース予定のF社のGTX入りアプローチシューズ。

ただ、ここの会社のゴアモデルは、ちゃんとリリースされたためしがないので、私、入荷するまでまるで信用してません。

P7244245

裏側はこんな感じ。チョイチョイ変更ありなので、今のモデルが好きな人は買い置きしておくことをおすすめします。

P7244255

こちらは、新製品とマイナーチェンジ。

P7244262

あの靴のよーに、踵潰して履ける構造。ただ、ソールとパターンはかなり特殊ですが・・・。

P7244256

画面右から、パターン変更されるGてにー、ソール変更されるAせんと、新製品のCばーぐらー。

ここまで色々変わると、わたし期待と不安でいっぱいです。その割合や詳細を知りたい人は、お店で聞いて下さい。ドイツのショーが終わりとはいえ、恐ろしくて書けない。

展示会巡礼3

2014年7月28日 月曜日

話は戻って浜松町の現場。

P7234221

一新されたB社 Speedシリーズで取り残されたちびバックは、来シーズンリニュアルです。雨蓋も伸び上がり、色々つけたり外せたり、アタック系ザックとしては好印象。

P7234226

OS社の小物類は充実します。ただ、現段階では、「リックサックにやさしい構造」ではないのが残念。担当者も承知していますから、本製品に期待しましょう!。

P7234232

白ヤク&黒ヤクと記念撮影をして和んでいたら、何じゃコレ!?・・・。

P7234228

所謂、「パクリ」!?。「疑惑」なんてレベルではなく、どー見ても「確信犯」です・・・。

「無問題(モウマンタイ)、無問題(モウマンタイ)、No Problem!、じぇんじぇん問題ないね~」って言われてもそんなハズはない!。

1年も経たぬ間に「くりそつ」をリリースするとは、節操がないというか、登山用品業界も腐敗しています(笑)。多分、同じ工場なんだろーねぇ・・・。ご愁傷様。

八丁堀のち浅草橋・蔵前

2014年7月26日 土曜日

内見会で八丁堀に行きましたが、それはまた後日。今日のお題は「浅草橋・蔵前、部品探しの旅」でございます。

P7254280

秋葉を過ぎ、浅草橋・蔵前に来ると店舗用品や服飾関係の問屋さんがたくさんあります。電脳系も楽しいけど激アナログな部品調達も楽しい。それにしも暑い・・・。

P7254281

お~、あれはスカイツリー!?、多分。蔵前橋横断中。

P7254283

で、うろうろ徘徊して手に入れた部品がコチラ。8mmテープのサンプルとバックル他。

P7254288

またこれで研究再開。何処ぞのユニットリーダーの女性より大した事してないけど、『takuちゃんねる』の方が堅実。

P7254289

ではまた。

梅雨が明けたらマルチへ行こう。(その2)

2014年7月25日 金曜日

こんにちは!

今回は、ブルーアイス社「double mono」のご紹介です。
先日ご紹介させて頂いた、G社のギアパックと同様の商品になります。

DSCN0156
注目すべきは「ヘルメットホルダーが内蔵されている」というところ。パック下部の隠しポケットからヘルメットホルダーが出現します!。

DSCN0158

大きめのヘルメットでも(バイザーがついていても・・・)収納可能です。
そして、G社と同様、ギアラックだけとしてもつかうことができます。

DSCN0162

簡単に外すことができますよ。

DSCN0163

「double mono」は、ストラップの調整位置が手元にありますね。いわゆる一般的なザックと同じようにサイズ調整することができます。

DSCN0160

ギアループは両サイド4つずつで、計8つ。位置はG社より低いところにあるので、上の写真の通り、最終ループは脇の下あたりになってきますね。
ループの太さは、G社より若干太いです。

容量は12L、価格は@9,504(税込)となっております。
ハイドレーション対応で、G社と同じくユーティリティポケットもあります。メッシュのサイドポケットもありますよ。

いかがでしょうか?是非、背負い比べてみて下さい!。
2話完結です。

展示会巡礼2

2014年7月24日 木曜日

まずは「尻フェチ」ブース。いや、ではなく、ハーネスブース。

P7234220

B社 もーめんたむSAが、“Momentum(モーメンタム)”としてリニュアル。ぷりむろSAも変更。

P7234213

「ブーツ切断コーナー」では、この秋リリース予定のS社 REBEL(レベル)。ナローストレートな木型ですが、足入れはイイね。トンガリ系レベルはコチラから

P7234224

「棒」にも変更ございます。勿論、来年の話です。注目はUDの長さ調整可能版、「Distance Carbon FLZ(ディスタンスカーボン FLZ)」のリリース。定番どころもチョイチョイ変更がなされて「New」な感じ。

画像節約。2,3日は行きたいので、また明日。

梅雨が明けたらマルチへ行こう。(その1)

2014年7月23日 水曜日

こんにちは。毎日毎日よく降りましたね。
岩登り愛好家のみなさま、今はきっと人工壁にでかけては、なんだか煮え切らない週末を送られていたのではないでしょうか。

梅雨が明けたら、また外岩に行こうと計画中の方、特にマルチピッチでも・・・と考えている方に、おすすめな商品がございます。

グリベル社「LYNX」です。 ロゴマークがかっこいいですね。

DSCN0164

ギアラックに「小型パック」がくっついたものです。マルチピッチで水や行動食、カメラ、アプローチシューズやレインウェアを携行したい時には、非常に便利です。
ギアループは両サイドに4つずつ、計8つです。

DSCN0165

チェストベルトは笛付きです。バックルとマジックテープで連結されているパックを取り外し、ギアラックだけとして使うことも可能です。
最終ピッチの手前で区切ってパックは残置し 、最後は身軽に登りたいという要望にも応えることができます。

DSCN0166

サイズ調整は背面にある赤いストラップ部分で、サイズ調整が可能です。

DSCN0167

容量は13Lで、ハイドレーション対応。
パックサイドにはメッシュの簡易ポケットあり、中にもユーティリティポケットがあるので、小物の整理も簡単にすることができます。
ザック正面にはデイジーチェーンと、アックスホルダーもあります。
価格は7,244(税込)となっております。

いかがでしょうか?
(その2)ではもう1つオススメのギアパックをご紹介する予定でございます!。

明けそーで明けない

2014年7月22日 火曜日

微妙な天気の連休は終わり、今週もスタートです。

P7224209

コチラ、朝の四ッ谷の。この空模様では梅雨明けの実感が沸かない、明けそーで明けない・・・。

数日、いや数時間後にも青空が見えれば「明けた感」はありますが、これじゃーね・・・。さぞ気象庁の人も悶々としてるでしょう(笑)!。

週明け早々、空の画像見てもね~、今週の展示会は「ギア系」ですから、ネタ探して参ります。

四ッ谷会議

2014年7月19日 土曜日

本日のお献立。

P7184204

気まぐれな天気に翻弄されている被害者の皆様、へーきです。この時期はこんなモンですって!!。

P7184207

とりあえず、明日はこのザックのカスタマイズからはじめよう。どーして各メーカー、「これぞ究極!」完成品をリリースしないのか?。

P7194208