2012年3月 のアーカイブ

ぎあくえ(折りたたみ食器)

2012年3月31日 土曜日

今日は食器です。「折りたたみ系」で便利なヤツ。

IMGP0014

まずは皿。ちなみに僕は最初上手に作れず、スタッフに折りたたんでもらいました・・・。1回折り目が付けば楽ちん。まな板としても重宝しています。「宴会系」大皿で便利。プレート・ボールともに¥472。

IMGP0013

次はコップ。¥840。これは恐ろしい程よく使う。最高のコストパフォーマンス!、直ぐ元取れた感で満ちあふれている。デナリさんではみっち~が大ブレイクさせた。ホント「マイナーな逸品」発掘するの上手いです。僕は濃い色を愛用。汚れていても気になりませんので。たまに洗います。

558

そんでもって、3徳ナイフ。格好良く言えば“CUTLERY”(カットラリー)です。重さにやや難アリですが、男のロマン、SIGG社のコレは格好よすぎ!。¥2,940でお値段も良心的。

IMGP0015

更に箸。持っていたいけど、無くてもどーにかなる。¥1,890。

IMGP0016

最後は「折りたたみ」ではなく「合体」もの。プラスチックは安くてイイが、ザックにぐいぐい押し込むと折れる。チタンは高いけど折れない。それぞれ、¥367と¥2,520。個人的には次はチタンにするが、最近は学習してきたのでなかなか折れなくて困っている。

IMGP0017

そろそろですね

2012年3月30日 金曜日

パッとしない天気です。ディズニーランドのお城まがいの建物も沈んで見えます。

IMGP0005

暖かい日・寒い日の加減も随分定まってきました。ネタもないので道路の反対側にある「SS展開基準木」の様子でも見てくるか。

IMGP0002

マズイ、中身が見えだした。今日までSSの立ち上げを言い訳して誤魔化してきましたが、店の前「サクラ満開」で「冬物」は流石に無理。そんな事情で「SEAL」も終了させて頂きますね。IMGP0003

ただ、開花は来週中以降とみましたので、SS納品したい担当者の皆様、そろそろ話しましょうか?。ちなみに、「1日1メーカー」原則でお手伝いは随時募集、早い者勝ち、花見の席同様、売り場が埋まる前に良い場所押さえましょう!。

ぎあくえ(無限ボトル他)

2012年3月29日 木曜日

「湯水のように湧いてくる」なんて嘘、山では「湯」も「水」もそーそー簡単には手に入りません・・・。で、この時期必要なのが「無限ボトル」、所謂「広口ボトル」です。

IMGP0013

口が広いのでそこら辺に無限にある雪を詰め放題!、狭いヤツにはまね出来まい!。器の問題、「何でも飲み込む」間口の広さがあれば1L物で十分です。

IMGP0015

ココまでは個装ですが、水場あるなら雪からやるより早いので「水取水筒」なる物もあります。

IMGP0012

NALGEN(ナルゲン)社のCANTENE(カンティーン)3L(¥2,205)やplatypus(プラティパス)社のPLATY WATER TANK(プラティ ウォータータンク)4L(¥3,675)なんかお勧め。個人的には目視可能な「透明」が安心出来る。何盛られてるやら・・・。

IMGP0025

で、「雪取り袋に最高!」と、立ち位置微妙なデナリの袋。こーゆーのも1枚は持っていたいです。

水産事業部化計画

2012年3月28日 水曜日

思いつきで相模湾事業所で深海魚調査です。この海域は5年ぶり、2度目になりますが、決して甘くはない・・・。

IMGP0003

愚痴る訳ではございませんが、最近、「仕事忙しくて・・・」、「調子が悪くて・・・」など部員の皆さん色々ある訳で、いつも1人で遊んでいるよーな気がする。そもそも、こちらの世界でもあまりにもマニアックすぎて理解不能なジャンルの「DEEP MASTER」となれば尚更です。今日の種目は水深1,000Mラインを叩く、「スカイツリーから目薬」的な「紅アコウ」でございます。

IMGP0006

ほれほれ、早く落ちろ!。重りは4kgですが、流石になかなか着底しません。

IMGP0007

棚取り直して「微妙すぎる」、いや「もう分からない・・・」程の世界ですが、鴨川沖で鍛え抜かれればマダマダ、相模湾分かり易いのです。

IMGP0008

IMGP0009

上がってみればど~ん!、紅浮かびました!。分からない人にはまるで意味不明ですが、相当貴重など~ん!画像です、おそらく、普通に生活していれば、一生見る事も口にする事もない、「まぼろし」呼ばれる「紅」です!!。1シーズンで2つ位形見られる様になってから5kgオーバー目指していましたが、目標なんて何のその、リアルにでかい!おめでとう!、俺。凄いぞ、俺!。

IMGP0011

最近、金目も行かなくなったし、紅は2年ぐらいお休みしていたので、相当、喜んでおります。 大の大人が大はしゃぎ!。「まさか」の感動の一瞬!。

IMGP0013

約90cm、10kg。本日は6回、6,000Mは打ち込みました。今まで打ち込んだ距離を考えると軽く大気圏外ですが、それでもこの魚は「見れるか見れないか」の世界。単独1万898メートルに到達したキャメロン監督は凄いが、今日の俺もそこそこ凄いので自画自賛で終了。

IMGP0019

改めて見ると深海魚、気持ち悪。で、こっそり「水産事業部化計画」のカテゴリーも増やす。その位めでたい事なので許してください。

ぎあくえ(漢は黙ってMSR!その6)

2012年3月27日 火曜日

さて、今日まで学んできた事は、

1,「GSストーブ男子ばモテモテ」かも知れない、

2,WHISPER LITE(ウィスパーライト)は一生物の嫁入り道具、

3,お料理上手はDRAGON FLY(ドラゴンフライ)、

4,INTERNATIONAL(インターナショナル)物でもガソリンにしておけ、

5,馬鹿につける薬はないけど火傷につける薬はある、でもその前にもー少し考える・・・、そんなところでしょーか?。

で、今回の『MSRわっしょいっ!、Best of MSR』ですが、水作りに専念するならWHISPER LITE(ウィスパーライト)、テントの中で楽しい時間を過ごすならDRAGON FLY(ドラゴンフライ)、美脚マニアはリニュアルされたWHISPER LITE INTERNATIONAL(ウィスパーライト インターナショナル)、って感じで、どれか1台なら、どちらにも転がれるDRAGON FLY(ドラゴンフライ)でしょーな。少なくとも、今まで紹介したMSRを持っていれば、「ど原野」に放たれても生存率アップ間違えなし!。“漢(おとこ)は黙ってMSR!”、誰もが認める「本格派の1台」です。

ドラゴンフライは「ガサがある・音うるさい」など言われますが、ウィスパーライトのバーナーヘッドが開放型なのに対して、DFはエンクロージャー構造なので音籠もりは仕方ありません。高火力のガスコンロだって全開にすればそそそこ音がしますし、「比べれば」の話、「周りのテントが皆起きる」ほどうるさい訳ではない。GSストーブの燃焼音は車の吸排気音のような独特な心地よさがあるので、それを楽しんで下さい。「インターナショナル」物については好き好きですが、やはりガソリンが一番です。それでも入れたい人は何でも入れてみてくれ。ただ、ウィスパーライトについては、アルミ製ミキサーチューブと美脚ステンレスで軽量化が図られたので、こっちで好印象です。あと、水筒を燃料タンク代わりに使うのも大問題ですが、「Oリングの劣化によるガス漏れ」なんかも注意して下さい。

IMGP0014

只今、発売中の『PEAKS』にも火器のインプレッション掲載中です。気になる道具がある場合、こーゆー記事を参考に悶々とした日々を楽しんで下さい。IMGP0015

そんな感じで、ダラダラやってきたMSR祭り終了、(株)モチヅキ様、ご協力ありがとうございました!。自社製品に自信のメーカーの皆様、ネタの持ち込み何時でもOKです。お待ちしております!。

ぎあくえ(漢は黙ってMSR!その5)

2012年3月26日 月曜日

前のダメージでテンションだだ下がり。盛り上がりに欠けるので景気よく「MSRわっしょいっ!」。いよいよ「その5」まで来ましたが、まだ行けそーなので、総括に入る前に今日はボトルの話。IMGP0001

MSRには大・中・小で30 oz(887ml)・20 oz(590ml)・11 oz(325ml)の3サイズのボトルを選ぶ事が出来ます。火力調節バルブがない物は「10 ozあたり1時間」を目安に燃料計算すると良いそーです。大で3時間、中で2時間、小で1時間て感じ。欲張って満タンにしても圧力かかりません、足りないなら予備タンク。

IMGP0011

火器物はよく「どれ位もちます?」って聞かれますが、そーゆーのはカタログ見てください。火力調整が自由自在なガス物など聞かれて分かる訳ないじゃん!。また、同じ容量の燃料でも、機種・気温・燃料の種類などによって変化するので、「予備燃料持つ」のが常識で、カタログや店員の言葉を鵜呑みにするのが非常識(笑)!。

IMGP0002

あと、「水筒と燃料ボトルは違う」のでよーく見て下さい。すんなり入る物でも、水筒と燃料ボトルではねじ山の数・口のテーパー角・パッキンの種類など、違いがあります。「お~、ぴったりじゃん!、イイんじゃね!?」なんて“大発見”気分で調子こいてると“大爆発”、水漏れとガソリン漏れでは破壊力が違います!。実際、事故報告ありますが、火傷につける薬はあっても、馬鹿につける薬はございませんのでご注意を!。

IMGP0007

IMGP0008

おっと、そこそこ書いてしまった!。そんな訳で、明日は『MSRわっしょいっ!、Best of MSR』でいよいよ締めましょう、わっしょいっ!。

ぎあくえ(漢は黙ってMSR!その4)

2012年3月24日 土曜日

「漢は黙ってMSR!」という割にはね~。未だ沈黙なし、4日目突入、これだけ書けば流石に飽きたが・・・。WHISPERLITE(ウィスパーライト)は1回目にやったので、“INTERNATIONAL”感を実感するために今日は燃料を変えてみよう!。本日のゲストWHISPERLITE INTERNATIONAL(ウィスパーライト インターナショナル)(¥12,075)さんのご登場でございます。

IMGP0009

の、前に一応、リニュアルされた美脚ステンレスをエロい目で堪能・・・、いいねぇ~。

IMGP0060

ハイオク車にレギュラー、高級オイルより普及品、そんな人生観で生きてきましたが、GSストーブに灯油は入れたくない・・・、プレヒート面倒だし手は汚れるわ掃除もかったるい・・・。

IMGP0001

でも、お客様が展示用に残地していくこーゆーのは普通に掃除してたしね。ツノウサギ、“インターナショナル”を満喫するのは美脚ステンレスだけでは物足りない、色々入れてみたいし・・・。

IMGP0001

こーゆーボトルに燃料は入れてはいけません!、危ないです!。「混ぜるな危険!」なので緊急避難。ちなみに最初に答え言っておきますが、“インターナショナル”とはいえ推奨燃料は白ガス→赤ガス/灯油の順。ガソリンの所からスラッシュ入るのは「好きにしてくれ」のボーダー。理由はプレヒートの手間とススの出具合。あと匂いも。「テントの中」など論外、そーとー凄いです!。

IMGP0003

普通はプレヒートにメタ系使いますが、店の資産が減るのは嫌なので燃料用アルコールとそれでダメなら生灯油。そんな訳で、『灯油 in インターナショナル』で火を着けてみよう!。

IMGP0004

液体なのでスグ無くなります・・・。全然足りないので、バルブ開放、生灯油なのでもう店内限界!、あぁ~凄い事になっている・・・。

IMGP0007

IMGP0010

ポンピングを続けながら何とかこの状態。こんな事では冬山なら間違えなく焼死か凍死です。手軽にガスコンロ使っている人間にとっては「棒と木」で火を着けるぐらい大変な事です!。あぁ~、入れるんじゃなかったよ・・・。

IMGP0013

IMGP0015

ほれ、消火後は美脚ステンレス台無し。「/」のボーダーはコレですわ。まぁ、ちゃんとメタでガチガチにプレヒートすればOKなのかな?。この後の掃除を考えると“INTERNATIONAL感を満喫!”なんて何処へやら。いずれにせよ、「ガソリン」っすよ、「ガソリン」。

IMGP0020

ぎあくえ(漢は黙ってMSR!その3)

2012年3月23日 金曜日

この頃、知恵がついてきて「分割方式」を覚えた。ただ、“金利手数料無料!”など大盤振る舞いできる程活字の世界は甘くない。延ばしたら延ばしたなりにちゃんと書かないとね。で、前のつづき「DRAGON FLY(ドラゴンフライ)を語る!」です。ホントに語る程あったけ?。

IMGP0054

前述の通り、ドラゴンフライは2バルブシステム。「燃料バルブ」+「火力調節バルブ」です。頭脳明晰な人には無関係でしょーが、僕のよーな単細胞生物に2つはチョット・・・、考えても無駄なのでまた火を着けてみましょう。

IMGP0055

先ず、タンク単体でポンピングする際、仮に燃料バルブが開いていたとしても、漏れるよーな構造の物はそーそーありませんが、普通に考えれば、「栓はしておけ」って事なので、燃料バルブも火力調節バルブもしっかり閉めてから作業。半開きなら、タンクにDF挿した途端ガソリン噴きますよ、そりゃ。

IMGP0047

そんでもって、燃料バルブを解放、回し具合はご自由に。びびりな僕は程々からスタート。

IMGP0046

このままでは何も起きないので、火力調整バルブを“じわぁっ”と解放、いよいよガソリンが出てきます。大胆なのは困りますが、びびり過ぎも何も出ません、“じわぁっ”とです。

IMGP0048

下のアルミカップから溢れる程はいりません!“じわぁっ”と出たら、火力調整バルブを一旦閉めて点火、プチ・キャンプファイヤーを楽しみましょう!。

IMGP0051

キャンプファイヤー見飽きてきたら、いよいよ火力調整バルブ解放、何処ぞの祓魔師に帯びる青い炎です!。

IMGP0052

IMGP0053

っと、「語る」という割には画像や2次元ワードを散りばめて誤魔化している気がしますが、ちゃんとココまで頭に入りましたか?。1,バルブは全部閉めておけ、2,燃料バルブ→火力調節バルブの順で解放、3,下に垂れこぼさず“じわぁっ”と出たらプレヒート、準備出来たら火力調節バルブ解放、ですね。で、いよいよ消火作業に入りますが、コレにも注意が1つ。「ホースの中に燃料を残すな!」です。

IMGP0056

そーなると、先ずは燃料バルブの方だね。直ぐ使うなら火力調節バルブで構いませんが、「リアル消火」は燃料バルブから。ホースの中の燃料を使い果たす。

IMGP0058

IMGP0059

消えてしまったら余韻を楽しむ前に火力調節バルブも閉める。これで完璧。

如何でした?「バーチャルドラゴンフライ」!。コレであなたも立派なペーパードラゴンフライヤーになれたのでは?。実機触りたい人は店にあるのでどーぞ。無い時もあるけど。どーしよ、DRAGON FLY(ドラゴンフライ)+ル・クルーゼの嫁が来たら・・・。

ぎあくえ(漢は黙ってMSR!その2)

2012年3月22日 木曜日

名器揃いなのでMSRの話は尽きない。前記事のWHISPERLITE(ウィスパーライト)の売りは「娘の嫁入り道具に持たせたい程、単純且つ堅牢」ってことで、今日のネタDRAGON FLY(ドラゴンフライ)(¥15,750)の登場。

IMGP0005

かわいい嫁の嫁入り道具の中にウィスパーライトがあったとしても、男なら文句を言うな!、ただ、そんな嫁の食事は・・・。そーなんです、ウィスパーには技がない、「着いているか消えてしまうか」、「中火のとろ火」なんて巧みな火加減は無理です。そこで、賢明な父親ならDRAGON FLY(ドラゴンフライ)を持たせるべきしょう!。

IMGP0007

燃料バルブの他に、火力調節バルブがあるこちらのモデルは「山岳グルメ」の皆様には鉄板!。どーする?、かわいい彼女が1日かけてテントでシチュー作って待っててくれたら!?、「燃料ムダにすんじゃねぇ!」ってキレるのが正解。

IMGP0026

早速、点火したいが店内にはお客様が・・・。デナリルールでいけば、プレヒートぐらいはイイだろ。

IMGP0029

隙を見て点火!。

IMGP0034

火力調整バルブに手をかけ伝家の宝刀、「中火のとろ火」だぜ!。

IMGP0036

光の加減でほぼ伝わりませんが、ウィスパーは風前の灯。復活させるには燃料バルブの解放しかない。どーする、「着けるか消すか!?」、テントの中なら、「もう諦めて寝る」が正解。そんな訳で、この件はまだ書き足りないので、明日もまたDFで引っ張ります。

IMGP0038

ぎあくえ(漢は黙ってMSR!その1)

2012年3月21日 水曜日

『漢(おとこ)は黙ってMSR!』、おぉ~猛烈に格好いい!。ただ、ブログを成立させるためにはグジグジ言わないと始まらない、腐っていて結構!、グジグジ男のGSストーブ話スタートです。

IMGP0002

このところ、日中温かくて何時店内を変えようかドキドキです。面倒くせー・・・。その上自分ルール「1日1記事」のプレッシャーにそろそろ耐えがたくなってきた。一応、10月後半から続けてきましたが、4月で半年、「よく頑張った!」ということで、春からは「週2,3回」にしよう!。その方が書き手も読み手も楽だな。しっまた、春になって重くなった雪で水をガンガン作るためにMSRの話をしようとしていたら愚痴ってるだけじゃん、戻ります。

IMGP0003

先ずは自分のWHISPERLITE(ウィスパーライト)(当時価格不明、現価格¥9,450)。MSRストーブど定番。但し、こいつはシェーカージェットなしの時代に購入しているものをメンテが楽ちんな「シェーカージェット仕様」に変更しています。ツノウサギ、壊れない。自分に娘でもいれば“嫁入り道具”間違えなしだの。

IMGP0020

更に、こいつの秘密パーツ、「ガスコンロ化ホース」、激レアアイテムです。袋がぼろいのは伊達じゃありません、まだ本国とかは入手出来るのかな?。

IMGP0004

最近の若者ときたら、「GSストーブ危なくないですかぁ?」的なことをノタマリますが、「火が着いている時点で危ない」ので「使い慣れれば同じ」って申し上げます。誰も「隣のテントのストーブで飯作って来い!」って言っている訳ではないので、自分が使う道具が上手に使えればそれ程問題ありません。「焚き火が上手に出来る男子がモテる」なら、「GSストーブ使えばモテモテ」なんじゃないっスか!?。なんかこのまま行くと凄く長~くなりそーなので、資源保護のために分割。つづく。